マレーシア初の食事!アロー通りで食べたママミーゴレンの味は?

ビールが来てからさらに数分後、ようやくママミーゴレンが到着。
さっそくビールで乾杯し、ママミーゴレンを食べてみました。

僕は基本的に味の違いがわかる方ではないので、その点を考慮して見てもらいたいのですが・・・

ビールは日本と変わらない、普通のビールの味。
屋外で飲んでる分、日本のビールよりもおいしく感じたような気もします。

ママミーゴレンは、日本名の通り、良くも悪くも「焼きそば」。
普通においしいんですが、マレーシア料理を食べてるっていう気分はあんまりしないかなぁ、、、

マレーシア最初の食事はこんな感じですが、やっぱり食事は誰かと一緒に食べた方がおいしいですよね。
1人旅の悲しいところです…。

さて、食事をしていると、どこから来たのかわからないけど、おばあちゃんたちが数名入れ替わりで近寄って来たりします。
中には、おもむろにポケットティッシュをテーブルに置く人とか、他には、2人組みで来て、片方の人がただ手を出してきたりとか。

ようするに、「お金ちょうだい」ということだと思うんですけど、、

観光客が集まるような場所は建物とかもけっこう立派ですが、やっぱりこういうのを見ると、マレーシアもまだまだ発展途上なんだなということを実感せずにはいられません。

たとえ僕がお金を少しあげたとしても、根本的な解決にはならないので、そのときはあげませんでしたが…。
マレーシア政府に頑張ってもらって、なんとか救済してもらいたいものです。

そんなやり取りはありつつも、食事はおいしく完食しました^^

その後は、再度アロー通りを散策。

まずは、テーブルの上で売られているカラフルなパッケージが目に入ってきました。

おそらくDVDだと思います。
そして、おそらくコピー商品だと思われます。

テーブルにもパッケージにも値札が見当たらなかったので、途上国マーケット名物の値切り合戦を繰り広げながら、値段が決まっていくんでしょう。

でも、仮にこれらのDVDが安かったとしても、コピーDVDを買って日本に帰国したら、日本入国時に少なくとも没収されると思われます。
そして、最悪の場合は別室に連行されたり、手錠をかけられたりもするのかも…?