マレーシアのホテルで住所間違い?agodaのレビューは要チェック!!

引き続き、マレーシアでの滞在先であるホテル「Sky Express Hotel Bukit Bintang」へと向かいます。

GPSを見ながら歩き続けること、およそ10分。
ようやくGPSが指し示す地点に到着!のはずなんですが・・・なぜか、そこに目的のホテルらしきものが見当たりません。。

とりあえず、あたりを見渡してみても、やっぱり見当たりません。。。

なので、近くにいた、バスを待っていると思われる女性に聞いてみました。

僕「(iPhoneの画面に表示したホテル名を指して)このホテルどこにあります?」

女性「・・・(横の人に聞いて、みたいなジェスチャー)」

僕「(再度iPhoneの画面に表示したホテル名を指して)このホテルどこにあります?」

女性2「う~ん、、あっ!そのホテルなら、あっちにあるわよ^^」

僕「サンキュー^^」

女性の部分は、英語がわからないなりに日本語訳してみたものなので、この通りではないと思いますが。。
でもホテルがある方向はバッチリ教えてもらえました。

で、その人が指し示した方角は、僕が歩いてきた方向でした…。
ということは、通過しちゃったのかなぁ…。見落としたんですね、きっと。

と、ここで、嫌な予感が。
「そういえば、agodaに記載されてる住所は”間違ってる”って、agodaのレビューに書いてあったような。。」

やっぱり、agodaのレビュー通り、住所が間違っていたんですね。

少し戻ったところに、観光客にもわかりやすいように、大きくホテル名が書かれた看板がありました。

ようやくホテルに到着です。

そして、さっそくチェックイン。

まずは、Nexus7に入れておいたホテルのバウチャーを受付に提示。
Nexus7をそのまま手渡してみたら、そのまま受け取ってもらえました。

が、さらに追加でクレジットカードを要求されました。

「おそらく予約に使ったカードが必要なんだろう」と思い、カードを渡します。

受付の人はそのカードを受け取り、何やら手続きを開始しましたが、すぐに「別のカード!」的なことを言ってきました!

何を渡せばいいんでしょう…??

というか、他にカード持ってきてませんし。。。

そういう感じのことをジェスチャーで示すと、受付の人も諦めた様子。

このやり取りの意味はよくわかりませんでしたが、とりあえず手続きは無事に(?)終わったようで、カードキーを2枚受け取ります。

そしてエレベーターに乗り、まずはエレベーター用のカードキーをセンサーにかざし、目的の階を押す。
「カードキーをかざす」。これ、知らないと最初は戸惑いますよね。。

で、自分の部屋のドアに、部屋用のカードキーをかざし、ようやく部屋に到着!

インビ駅からホテルの自分の部屋に着くまで、およそ30分。
いろいろ戸惑ったりもしましたが、なんとか到着です。

ベッドにダイブして「あ~、やっと着いた~^^」と一息つきたくなりかけましたが、休むのはまだ早い!

アロー通りに夕食を食べに行きましょう!!