クアラルンプールのインビ駅に到着!しかしホテルへ向かう途中でトラブル発生!!

ホテルの最寄り駅である「インビ駅」は、KLセントラル駅から4つ目。
時間にして、およそ15分程度だったと思います。

インビ駅に到着したのは、マレーシア時間19時。
日本同様、この時間にはクアラルンプールも日が沈み、暗くなり始めます。

暗い中、初めて来た場所で目的地のホテルを探すのはなかなか勇気のいることですし、迷う可能性もほぼ100%、約束されているようなもの。

なので、ホテルを予約したサイト「agoda」で調べておいた住所をGoogle Mapに入力し、GPSを頼りにホテルへと向かいます。
ちなみに、クアラルンプール滞在中にお世話になるホテルは「Sky Express Hotel Bukit Bintang」。

とりあえず歩き始めてみると、すぐに気づいたことがあります。
それは、「工事中の道路や建物がとても多い」ということ!

今までに旅行したベトナムなんかもそうでしたが、途上国はそのような光景を目にすることが多いです。
道路を工事しているせいで、GPSが指し示している方向に行けなかったり…なんてこともありましたが、個人的には、こういった光景からも刺激や元気をもらえる気がするため、けっこう好きだったりもします。

そんなことがありながらも、着々とホテルへ向かいます。

そんな中、大きな道路の歩道を歩いていると、工事のせいで途中から歩道がなくなっている箇所を発見。
しかし、GPSが指し示している方向は、さらにその工事現場の先。

さて、どうやって行こうかな?

う~ん、、、

まぁ誰も見てないっぽいですし、そのまま工事現場に突入&直進してしまいますか!

工事現場の地面は、あたり一面が砂利。
しかも、少し前に雨が降ったのか、若干”泥”と化しています。

「でもまぁ大丈夫だろう」

根拠のない自信を持ち、さらに直進し続けます。

が、その時!!

足が泥に着地した瞬間、底なし沼のように足が泥の中に埋まっていくではありませんか…。

この時はホントに焦りました。。

でも、「今来た道に戻ってもホテルにはたどり着けない」と思い、急いで泥ゾーンを通過。

靴が両足とも泥だらけ、さらに履いていたジーパンも下の方にはだいぶ泥が付いてしまいました。

そんなトラブルに遭遇しながらも、引き続きホテルへと向かいます。