初の韓国旅行!まずは景福宮にて勤政殿などを観光!!

思い出しながら昔の旅行記を書いてみるシリーズ第3弾は、2012年8月末から9月初めにかけての韓国旅行です。

韓国大手の航空会社、大韓航空にて仁川国際空港へ。
そこから空港鉄道に乗り、金浦空港を通過してソウル駅に向かいました。

まずは韓国のSuicaこと、T-moneyカードを探します。
確か、コンビニなどでも普通に売っているということでしたのでセブンイレブンかどこかで聞いてみたのですが、店員さんに冷たい対応をされたことを今でも覚えています。

とまぁ、そんな韓国の洗礼を受けつつも、何とか無事にT-moneyカードをゲット!
このカードは2018年時点でもまだ持ち続けています。2012年以来1度も韓国に行っていないのですが、有効期限とかあるのかな。次行ったときにはもう使えなくなってたりして。。

時刻はまだお昼頃。
宿泊先にチェックインするにはまだ早いので、そのまま観光に出かけます。

最初にやってきたのは景福宮。
その中の勤政殿というところと思われる写真が残っていました。

中の様子です。厳かな雰囲気が漂っています。

門番でしょうか。ものすごく韓国っぽい感じです。

これらの写真からもわかる通り、韓国旅行初日は雨模様。。
雨の中、いろいろなところを見学していたらけっこう時間がかかってしまいましたので、この日の観光はここだけでタイムアップとなりました。

宿泊先は明洞の「Green Residence Myeongdong」というところをagodaで予約済みでしたので、明洞に向かいます。

宿泊先の住所とあらかじめ印刷しておいた地図、そしてiPhone4SのGoogleマップを頼りに探すのですが、なかなか見つかりません。。
明洞の店員さんに何回も場所を聞いてまわったのですが、どうしてもたどり着けず・・・。

30分~1時間くらいはさまよったと思います。
しかも雨の中ということで、この時間はけっこうきつかったです。。

この状況を打開したのは、交通整理のおじさんでした。
明洞の店員さんだけでなく、もはや誰でもいいからダメ元で聞いて回っていたところ、交通整理のおじさんが、とあるホテルを指さして「アペ」って言ってくれたんですよね。

実は韓国に行く数か月前から韓国語を勉強していまして、それが役に立ちました。
教えてもらったホテルのところに行き、その前あたりで無事に宿泊先のホテルを見つけることができました。

ちなみに、2018年現在、当時勉強した韓国語はすっかり忘れてしまい、もはや何も覚えていません。。

宿泊先のホテルに到着し、チェックイン手続きをします。

若いお姉さんが流暢な英語で対応してくれたのですが、こちらが英語を理解できず、申し訳ない気持ちになったり。。
何とか最低限のルールなどは辛うじて理解できたからよかったものの、海外旅行をより楽しむためにはやっぱり英語が必要ですね。

部屋の中はこんな感じです。

そう、ものすごく狭いんです。
これでも1泊あたり、日本円で1万円くらいしたと思います。

韓国のホテルって高いんだなぁ・・・という印象は今でも鮮明に覚えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする