タイ旅行の最後に「カリプソ・キャバレー」を鑑賞!

タイ旅行5日目、最終日です。

この日はまずルンピニー公園へ。

のほほんとした感じでいろいろなモニュメント的なものが置かれています。

ただし、置かれているのはモニュメントだけではないようです。
トレーニング器具も置かれていまして、朝から筋トレに精を出している人たちがたくさんいます。

あとは、謎の工事現場(?)も。

その後は付近をいろいろと散策してみます。

すると、「ニャンニャンマッサージ」や「楽しいプククラ」など、怪しい日本語が至るところで見られました。。

MBK(マーブンクロン・センター)にも行きました。

入口の階段には、各国語で「ようこそ」「ありがとう」と書かれています。

あとは、タニヤ通りとか、パッポン通りにも、記念に行ってみました。
割りと早い時間に行ったため、まだ店づくり(?)の途中でした。。

夜になるにつれて、ネオンが光り出します。
いや~、日本語の看板が多いこと。。

こういうお店で遊ぶお金も心の余裕もありませんでしたので、見るだけにしておきました。

「スワンルムシーフード」と書かれたお店です。
残念ながら、どこにあるお店だったかは忘れてしまいました。。

たしかこの中には、複数のお店が軒を連ねていまして、そのうちの1つがこちら。

「私はかなりエビフライ」という素敵なメニューも用意されています。
エビフライ自身が「私」と呼ぶのもおかしな話ですが、すでにエビフライとしてカラッと揚げられているにもかかわらずまだ意思があるかのような。。

というか、そもそも、これってエビフライなんでしょうかね。。
日本で一般的にエビフライと呼ぶ料理とは、見た目がだいぶ違うようですが。。

そして、タイ旅行最後のイベントは、カリプソ・キャバレーです。
タイといえばニューハーフ。せっかくタイに来ましたので、それを見ないわけにはいきません!

1枚目は見た目がある程度女性っぽいんですが、2枚目の左側はなんだかお化けのような。
子供が道端で偶然見かけたら、それだけで号泣する感じの人です。。

あと、バックダンサー(?)には、まだ女性になり切れていない人たちもいましたね。
この人たちは、完全な女性になってセンターで踊れる日が来るのを夢見て頑張っているんじゃないかと思います。

・・・ということで、5日間のタイ旅行の記録でした。

タイに行ってからもう8年も経ち、今回この旅行記を書いたこともあり、またタイに行きたくなってきました。

今は直行便の安い航空券もたくさんありますので、チャンスがあればまた行ってみようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする