タイ・アユタヤにてあまりにも有名な「ワット・プラ・マハータート」の仏像などを観光!

お次はチャイナタウンへ。

タイ語と中国語のコラボレーションはいいですね。

ワット・トライミット(?)と思われるところに行ったり。

他にもチャイナタウンをいろいろと歩き回ったとは思うのですが、残念ながら写真が残っておらず。。
あとはこの写真だけで2日目が終了です。

タイ旅行3日目。
この日はツアーに参加し、アユタヤまで行きます。

待ち合わせはお昼過ぎでしたので、それまではバンコク市内を散策します。

日本でおなじみの伊勢丹に行ったり。

あとは、エラワンの祠に行ったりしました。

バンコク市内のビルなどが立ち並ぶ場所にこのような祠があるというのも、なかなかミスマッチな感じです。

ツアーの集合時間になりましたので、アユタヤへ。

日本人観光客を対象にしたツアーのようで、参加者は全員日本人でした。
・・・といっても、自分をのぞいて、男性1名、女性1名という、なかなか小規模なツアーです。

全員集まったところで、小さめのワゴン車に乗って出発です。
ひたすら道路を走りまして、2時間くらいかかったかもしれません。。

まずは、バーン・パイン離宮と思われるところへ。

漢字が記されています。中国(もしかしたら日本かも?)にゆかりのある場所なのかもしれません。

床のタイルにもいろいろな絵が描かれています。

動物の形に整えられた植え込みは、タイの伝統だそうです。

ミリタリーな方々が何人も歩いています。
この近くで訓練をしているのか、それとも・・・。

次の観光スポットに行く途中、車の中から見た「日本人村」。
中を見てみたかった気もしますが、ツアーですので諦めました。。

ワット・ローカヤースッターでしょうか。
2013年の地球の歩き方を見て思い出しながら書いていますので、おそらく合ってるとは思うのですが。。

ドラえもんがお供えされていたり、大量のニワトリが配置されていたり・・・と、面白い光景も目にすることができました。

あとは、象に乗ることができる場所にも行きましたが、結局乗らず。
今思うと、乗っておけばよかったかな、という感じです。

トイレは2バーツ。
チイッシュという謎の物体(!?)は5バーツです。

アユタヤにはワット~という似たような場所がいくつもあるのですが、もはやどこだか思い出せない写真が何枚かあります。

しかし、唯一の例外がこちら。

あまりにも有名な「ワット・プラ・マハータート」の仏像の頭部です。

これを見ただけでも、アユタヤに行った甲斐がありました!
・・・というのは言いすぎでしょうかね。。